2015.08.11

ハサミツノカメムシ♂@三保市民の森

R0112397

 キリギリスを撮影していてすぐ傍で見つけたのがこちらのハサミツノカメムシ♂。尾部の鋏が平行。肩の角が赤くて格好良い。夢中で撮影していると久しぶりに息苦しくなった。コンデジで接写する際は、どうしても息を止めてしまうからだ。そして、この数分の間に数箇所を蚊に刺されてしまった。「蚊に咬まれる」という人はそれだけで出身地を限定されるそうだ。自分は福岡県生まれ育ちだが、刺されるあるいは喰われるとも言うようだ。かまれるは聞いたこともない。
 虫よけスプレーは持参し、事前にシュッシュと手、顔、首、肩、肘などに振りまいていたのに刺されるとは。虫よけ液のついていないわずかなエリアを探して蚊は刺したのだろう。まったく不愉快な昆虫だ。ところが、これで終わらなかった。
 この後、下のハエにしつこく付きまとわれ、異様な執着心で我が上半身にまとわりつき、徐々に数も増えて来たので、小枝を拾って顔の周りをひゅっひゅっとバリア防衛しながら散策を続けたが、何かに心を奪われて防衛作業を止めたとたんにまた寄ってくるので気味悪くなり、最後は脇目もふらずに早足で退散することになった。まったく不愉快な昆虫め。写真下。和名を調べる気も起きない。
8月8日、三保市民の森にて
※追記 下のハエはヤブクロシマバエと思われます。

R0112377

| | コメント (0)

2014.10.18

自宅が熱い3

前回の自宅が熱い2から早くも2ヶ月が経ってしまい、すっかり秋になった。その間に我が家を訪れてくれたムシから3種を紹介する。

R0103234
オオチョウバエ 8/16
オオチョウバエは我がベランダのバケツ稲に執着して梅雨どきから夏にかけて常に数頭が見られた。いったいどこから嗅ぎつけてきたのか不思議だ。稲刈りをして以降は見なくなった。翅のサブターミナルバンドに8個の白点があり目立つ。また、翅中央部にも白い毛のような鱗粉様のものがある。触角はぐにゃりと曲がり(別の写真で)、多数の節はブラシのように見える。頭部・胸部はもふもふの毛が密生する。全体には5mm以下ぐらいの小さなもので、一般にはコバエなどと言われてしまうものと思う。

R0103848
アオマツムシ♀ 9/6
ベランダで見つけたのはアオマツムシ。前翅を広げた状態で事切れていた。羽に模様が無いなぁと思ってたが、♀であることに後で気づいた。♂には前翅に発音器があり、特徴ある模様がある。右翅が上、左翅が下になるように重なっており、これが逆だと音が出ない。つまり、右翅裏側と左翅表側をこすり合わせていることになる。

R0104763
アシダカグモ(の残骸)10/05夜
風呂から上がってくつろいでいると娘の悲鳴が轟いた。クモ!クモ!でかい!と騒がしい。洗面所のドアの裏側を覗いてみると脚を広げた大きなクモがいた。状況を鑑みてキンチョールと丸めた新聞紙を用意して再出動。
まずは60cm程の距離からキンチョール砲の直撃をお見舞いしたところ、驚くべき素早さでドアの隙間から逃れ隣の部屋へ逃げ込んだ。再び娘の悲鳴。自分の部屋に逃げ込み、ドアの隙間をタオルで塞ごうとしている。クモが逃げ込んだ部屋の電気をそっとつけるとドアの陰に隠れてじっとしていた。キンチョールはクモにも効くものだろうか?ドアをそっと開いて新聞紙砲による作戦可能地域を十分確保する。
そして、おもむろに狙いを定めて...えいや!バシッ!
命中!クモの脚が飛び、ばらばらになって床に落ちた。よし、殺戮成功だ。お次はティッシュを数枚取って来て回収。その後こっそりさっさと撮影して、ビニール袋にティッシュごと丸めて廃棄して作戦終了。
幸いなことに壁にも床にも汚れはつかなかったので不要かとは思ったが、その後妻による徹底的な浄化作戦が実行された。
アシダカグモ♀。この夏我が家にずっといたとは思えないので、どこからか入り込んだものと思われるが、一体どうやって入ったのか、不思議である。せっかく来てくれたのに申し訳ない。

| | コメント (4)

2013.10.23

ミナミカマバエの踊り@北八朔公園

R0096358

R0096359

一気に気温の下がった土曜日、北八朔公園に行ってみた。黒王号で鶴見川サイクリングロードを走ると手が冷たくなった。やっと平年なみだろうか。朝早かったこともあり、収穫が異様に少なかった。しかたなく、ミナミカマバエでも撮影してみた。水辺にたくさんでていて、撮りやすかった。
撮影しながら観察していると、このミナミカマバエは獲物を探しながら、他に動かすところが無いからか、しきりに鎌を動かすのだ。まるで拳法の練習をしているかのように。アチョー!という声が聞こえてきそうだった。動画にすれば分かりやすかったのだが、写真二枚で分かるかな。この写真を二枚ともPCにダウンロードし、交互に表示させてパラパラ漫画のようにすると面白い。
ミナミカマバエの鎌は前脚の脛節とふ節からなるが、脛節の太さは凄いものがある。ここにふ節を挟むための強力な筋肉が収納されているわけだ。それにしても三角の面構えがいいなぁ。
10月19日、北八朔公園にて

| | コメント (0)

2013.08.20

不明ヤドリバエ@新治市民の森

R0095008

新治で妙はハエを発見した。アブ・ハエ類はほとんどが透明の翅が一対で後翅の名残の平均棍があるはずなのだが、これは透明翅の下に純白の翅がある。なんだこれは。ひとつ思い浮かんだのは、ヒグラシに寄生するセミヤドリガの白い幼虫である。しかし、これは左右対象にまったく同じようについている。
これ以外は典型的なハエに見える。複眼が赤く綺麗。体はグレーで剛毛が目立つ。
調べたところこの白は後翅が変化して出来た胸弁というものらしい。
そして、このハエはヤドリバエの仲間のCompsoptesisに属し、和名はまだないらしい。いろいろ調べたがこれ以上の情報は見つけられず。ネットではこのハエの写真はたくさん見ることが出来、広く分布していることは明らかであるが、和名が無いとは驚き。しかし、和名の無いハエが他にも山ほどあることから、ハエ類の研究には大きなスペースが空いてているという状況が分かった。8月11日、新治市民の森にて

| | コメント (0)

2013.07.28

顔の白いハエ@新治市民の森

R0094368

林縁の下草ではハエ類が多くいたが、ぱっとみて分かるのはマダラホソアシナガバエツマグロキンバエぐらい。他は基本的にパスしていたのだがこのハエは頭部が異様に白く光っていて、思わず撮影してしまった。体長はたぶん4mmぐらいか。トリミングだけしたのが上の写真。血の色をした複眼の前に白く、あるいは銀色に光る部分がある。脚は黒い。胸部と腹部はグレーで黒い毛がある。和名は調査中だか、見つかりそうにない。
下はシオヤアブの交尾態。体の大きな右側が♀と思われる。交尾中だったためか大接近しても逃げなかった。しかし雌雄の体の大きさの違いはかなり大きい。腹部先端の白い毛がシオヤアブの印。ずーっと眺めていると脚の具合が何となくクモっぽく見えてくる。
7月20日新治市民の森にて

R0094276

| | コメント (0)

2013.04.10

不明ハエ?アブ?@梅田川

R0089049
梅田川のほとりで小さなアブが交尾しているところを発見。そっと近づいて撮影できた。相当小さく8mm程度だろうか。体は全体に黒いが脚や頭部に少し橙色がある。眼が黒い。触角は筒型で途中から長い棘のようなものが出ているがこれは特徴的だ。平均棍が見えるので翅は一対。念のために翅脈がなるべく分かるような写真も一枚撮っておく。実に単純な翅脈である。
ヤドリバエ科なのかミバエ科なのかあるいは別なのかさっぱり不明。情報求む!
4月6日、梅田川にて
R0089055

| | コメント (3)

2013.04.06

不明ハエ@梅田川

R0088927

R0088930
梅田川のポイントではハエが多かった。たくさん羽化したのだろう。現地ではよく分からなかったが、PCでみると毛が多い。腹部、胸部、脚だけでなく、頭部の複眼の間、触角にも生えている。触角は二本の筒状で形が面白い。後脚付け根付近に淡色の平均棍(へいきんこん)が見えている。これは後翅が退化してできたもの。したがって胸部のうち後胸から出ていることになる。
赤褐色の巨大な複眼が妙にかっこ良い。
二枚目でこれまた筒状の口が見えているが、これは刺す口なのか、舐める口なのか?
残念ながら和名は不明である。
3月29日、梅田川にて

| | コメント (0)

2012.12.21

不明ヤドリバエ@新治市民の森

Img_9433

Img_9438
新治の田んぼ脇の斜面は暖かく少数ながらキク科の花も咲いていて、植物食の越冬昆虫たちの貴重なお食事どころとなっていた。蝶やアブの他にハエ類も来ていた。このハエは和名不詳ながらヤドリバエの仲間と思われる。複眼が離れているので♂。剛毛が目立つ。腹部の茶色・白と黒い毛も特徴的。ハエ類もこのあたりのあまり人気の無いタイプになるとネットでもなかなか調べられない。
12月16日、新治市民の森にて

★追記12/22 オオズクロスジハリバエらしいと判明しました。多謝>ジャワカ零さん。

| | コメント (2)

2012.12.20

ミナミカマバエ捕食@新治市民の森

R0086757

R0086758
新治の田んぼでアキアカネを観察し、ひとしきり撮影したあと、田んぼの水たまりを精査してみたところミナミカマバエを見つけた。浅い水たまりの上をずんずん歩いていた。何枚か撮影して画像をチェックしたところなにかを食べている。いつの間に捕獲したのか、まったく分からなかった。帰宅後PCで調べていたら、小さな餌を狙うシーンが写っていた。それが上。右側に小さな昆虫が見える。次の瞬間にはもう食べていた。それにしても珍しく絵になる昆虫である。
12月16日、新治市民の森にて
R0086740

| | コメント (2)

2012.12.19

アキアカネ1216@新治市民の森

Img_9522
前日の土曜日は朝早いうちに雨が降り出し、恐るべき寒い一日だったので、結局は玄関から一歩も外に出ることのない、大変勿体ない一日だった。日曜日は朝から快晴でしかも暖かく、これならアキアカネをまだ見ることができるかもしれないと思い、新治に出かけた。10時少し前だったが十分暖かった。例の田んぼでだいぶ探してみたが、結局見つからず、寒い日が続いたので残念ながら全部没してしまったかと思った。ただ、念のためにもう一箇所回ってみることにした。同じような地形、条件の田んぼでだいぶ探してみたが、ここでもやはり見つからない。そうこうするうち、20人ぐらいの集団がぞろぞろや歩いて来て、自然観察をしているようだった。聞いてみると越冬昆虫がテーマだそうだ。ついて行ってみようかとも一瞬思ったが、やはり自分のテーマを追いたい。ただ、同じフィールドで同時に自然観察するという存在に触発され、もう少し粘ってみようと思い返し、観察対象を広げ、少し広めに再度回ってみた。
そして、1120時ごろだった。田んぼでトンボが飛ぶのを眼の端で見つけたのだ。やはり居たのだ。田んぼの畦に止まった。アキアカネ♂だ。ときおり風が吹くと周りの雑木林から枯れ葉が盛大に舞い降りてくる。こうして辺りはコナラの落ち葉だらけなのだが、その一枚に止まっていた。昼ごろまで観察していたが、複数個体が居て時々闘いなどもしていた。やはり一番条件の良い時に探さないと、見逃すことになりそうだ。
さて、来週24日まで見られれば初のクリスマストンボとなる。どうにかしてもう一週間生き残ってくれ!
下はおまけ。田んぼの濡れた落ち葉の上にいた不明ハエ。口に水滴がついている。これが何なのかさっぱり見当もつかないが、ガムを噛んでいてプーっと膨らませているように見えなくもない。また黒い触角が下向きになっており、なんとなくひょうきんな表情に見える。
12月16日、新治市民の森にて
R0086726

| | コメント (6)