2016.06.22

ダイヤモンド・プリンセス@横浜大桟橋

C0149228

R0118704

R0118851

ダイヤモンド・プリンセス。2016年4月30日に横浜大桟橋にて撮影。大桟橋には大型客船が同時に2隻着岸出来るようになっている。山下公園側がA・Bバース、赤レンガ倉庫側がC・Dバースである。日中は山下公園側から日が射すので、光線の具合からするとA・Bバースに着岸したほうが綺麗に撮影できる。背後にみなとみらいのランドマークタワーなど配置出来ることもある。この日のダイヤモンド・プリンセスは残念ながらC・Dバースだった。この船は船首の形に特徴があり、鳥のくちばしあるいはイルカの口に似て、上側がなだらかな曲線をなす。もうひとつの特徴は上部に左右に出っ張った部分がある点。自分としてはこれを思い浮かべてしまった(笑)。

船名       :Diamond Princess ダイヤモンド・プリンセス
IMO        :9228198
船籍       :イギリス
運航会社:プリンセス・クルーズ
総トン数 :115,906トン
全長       :290m
全幅       :38m
喫水       :8.2m
巡航速度:22ノット
乗客定員:2706人
乗組員数:1100人
就航       :2004年3月
改装       :2014年
造船       :三菱重工長崎造船所

| | コメント (0)

2016.06.15

コスタ・ビクトリア@横浜大桟橋

C0150312

C0150641

2016年5月9日、連休最終日に横浜大桟橋にて撮影。この日は着岸する前に着いたのでベイブリッジをくぐって近づいてくるところから目撃することができた。コスタ・ビクトリア
やはり船は海を進んでいる姿が一番だ。できれば青空、青い海に白い波を立ててくれるとよいのだが空はグレー、海もグレー、極端にスローに桟橋に近づいてくるので波も立たないし、さらに朝日の角度が悪くて見えている側の船体が影になっているしでちょっと残念だった。バックで着岸して、細いロープの投げ入れに続いて太いロープが渡されrope handling車で引き上げて留めるところなど面白く観察することができた。
結局、紹介する写真は着岸してからのものとなった。コスタビクトリアは船首が白くて尖っていて、窓が丸い。黄色い煙突がワンポイント。先月紹介したコスタ・アトランティカと兄弟船なのでによく似ている。

船名       :Costa Victoria コスタ・ビクトリア
IMO        :9109031
船籍       :イタリア
運航会社:コスタ・クルーズ
総トン数 :75,166トン
全長       :253m
全幅       :32m
喫水       :8m
巡航速度:23.0ノット
乗客定員:1928人
乗組員数:766人
就航       :1996年7月
改装       :
造船       :ドイツ

| | コメント (0)

2016.06.08

ぱしふぃっくびいなす@横浜大桟橋

R0120542

R0120771

 5/28横浜大桟橋にて撮影。このサイズだととてつもなく巨大!という印象は感じず、まだ親しみが持てる程度の大きさだ。船名がひらがなで「ぱしふぃっくびいなす」というのもいい味を出している。これがカタカナだとそうはいかない。水面下に隠れていて見えないが横揺れ防止の安定翼(スタビライザー)というのを備えているそうだ。しかもこの技術は戦前に日本人が発明したものだそうだ。
 船舶用語はわかりにくいものが多い。取り舵と面舵はいまだにどちらが右か分からないし。ただ、starboard sideが右舷でport sideが左舷ということはわかる。昨年The Guns of Navaroneや HMS Ulyssesなどの船が頻繁に出てくる小説を読んだからだ。今回いろいろ調べていて船の中ほどにある煙突状の突起をファンネルということを覚えた。一番高い場所にあり目立つので船や運航会社のロゴが描かれる。
 写真一枚めは大桟橋に着岸する時のもの。左舷から泡が出ていて着岸方向にゆっくり移動していた。煙も上がっていてエンジンが動いていることが分かる。2枚めは着岸後、赤レンガ倉庫側から撮影。手前に何らかの作業船が取りついていて邪魔だが、調べてみると「愛光丸」という燃料補給船らしい。しかし一体どこから重油を投入しているのか?

船名       :ぱしふぃっくびいなす
IMO        :9160011
船籍       :日本
運航会社:日本クルーズ客船株式会社
総トン数 :26,594トン
全長       :183.4m
全幅       :25m
喫水       :6.5m
巡航速度:20.8ノット
乗客定員:620人
乗組員数:220人
就航       :1998年4月
改装       :-
造船       :石川島播磨重工東京第一工場

| | コメント (0)

2016.06.01

マリナー・オブ・ザ・シーズ@大黒ふ頭

C0144131

C0144112

3/26に大黒ふ頭で撮影したマリナー・オブ・ザ・シーズ。すばらしく堂々たる豪華客船だ。この船は横幅がかなりあるので、前から見て非常に容積が大きいように感じた。先日紹介したクァンタム・オブ・ザ・シーズは背が高いが、こちらは幅が広い。こういう超巨大クラスの船を何隻も保有するロイヤル・カリビアン・インターナショナルって凄い。この船にもロッククライミング用壁面があるという。いったい何をしにクルーズ船にのるのかという感じ。もし自分が乗るとしたら、デッキチェアに座って双眼鏡・望遠鏡と図鑑片手に一日中海鳥を眺めてすごしたいな、飽きるまで。でも海面までが遠すぎるので鳥はよく見えないかも。

船名       :Mariner of the Seas マリナー・オブ・ザ・シーズ
IMO        :9227510
船籍       :バハマ
運航会社:ロイヤル・カリビアン・インターナショナル
総トン数 :138,279トン
全長       :310m
全幅       :48m
喫水       :8.8m
巡航速度:22.0ノット
乗客定員:3114人
乗組員数:1185人
就航       :2003年11月
改装       :-
造船       :フィンランド

| | コメント (0)

2016.05.25

フォーレンダム@横浜大桟橋

C0148352

R0118152

4/17にJR関内駅駅から横浜スタジアム脇を通って大桟橋まで歩いたが、あいにくの雨と風で散々だった。ただ、横浜公園のチューリップが色とりどりに咲きそろい、素晴らしい眺めだったのがせめてもの慰み。さて、このフォーレンダムは紺と白の清楚なデザインの豪華客船だった。由緒正しい感じがした。フォーレンダムの3代目だそうだ。北米を中心にクルーズして回っているようである。フォーレンダムとはオランダの首都アムステルダムにほど近い漁港町の名前。日本でいえば三浦市ぐらいの感じだろうか。写真1枚めは山下公園から撮影。

船名       :Volendam フォーレンダム
IMO        :
9156515
船籍       :オランダ
運航会社:ホランド・アメリカ・ライン
総トン数 :61,214トン
全長       :238.4m
全幅       :32.2m
喫水       :7.8m
巡航速度:23ノット
乗客定員:1432人
乗組員数:615人
就航       :1999年7月
改装       :-
造船       :アメリカ

| | コメント (0)

2016.05.18

クァンタム・オブ・ザ・シーズ@大黒ふ頭

R0117107

R0117116

R0117117

 ここ大黒ふ頭は客船用のふ頭ではなく貨物や自動車積み込み用なので、ご覧のような車の大行列を見ることができる。これはこれでなかなか凄いものだが、客船を見る分には邪魔でしかない。が、この車を自動車運搬船に積み込む作業がどんなものなのか、いやその前にこの場所にこうして並べるのに何人でどれくらいかかるのか、ちょっと興味ある(笑)。
 クァンタムオブザシーズは巨大豪華客船のため例によってベイブリッジをくぐれずここ大黒ふ頭に着岸していた。鶴見駅から市バスに乗ってここまで見に来るのだが、立ち入り禁止区域や撮影禁止区域が多くて、非常にやりにくい。googleのstreet viewでも黒塗りされていたりして、どうも港湾施設ではどこでも国防上の理由でそうされているようだ。
 この船にはいろんなエンターテインメントの施設があるらしく、写真3枚めに少し写っているノーススターなど乗ってみたいものだ。ロッククライミング用の巨大クマなども楽しそう。詳しくはこちら。4000人の乗客を50人乗りのバスにすべて乗せるとするとなんと80台となるが大黒ふ頭ではこれが必要なのだ。この船は16万トンで、これまで紹介してきた中で一番大きい。しかし、9万トンのクィーンエリザベスでさえ自分にとってはとてつもなく大きい。大きすぎてこれ以上はもう大きさを認識できない感じ。2隻横に並べてみないとどちらが大きいかもわからない印象だ。この船が世界最大かと思ったが、もっと大きいのがあって20万トン以上の船が3隻あり、いずれもこの運行会社のもので、●●・オブ・ザ・シーズのシリーズでオアシス・オブ・ザ・シーズが22.5万トン、アルーア・オブ・ザ・シーズが22.5万トン、そしてハーモニー・オブ・ザ・シーズが22.7万トンで世界一だそうだ。

船名       :Quantum of the Seas クァンタム・オブ・ザ・シーズ
IMO        :9549463
船籍       :バハマ
運航会社:ロイヤル・カリビアン・インターナショナル
総トン数 :168,666トン
全長       :348m
全幅       :41m
喫水       :8.5m
巡航速度:22.0ノット
乗客定員:4180人
乗組員数:1500人
就航       :2014年11月
改装       :-
造船       :ドイツ

| | コメント (0)

2016.05.11

スカイシー・ゴールデン・エラ@博多港

R0117007

このスカイシーゴールデンエラは今年の3月7日、博多港で見たもの。船体には天海新世紀という漢字表記が見られた。意味的には天海金世紀かなとも思うが、まぁ分かりやすくてなかなかかっこいいと思った。白い船体に紺のウェストライン、トップに紺の煙突?。これセレブリティミレニアムにそっくりである。こちらと比べてみてほしい。さて、博多港への客船の入港予定がこちら。今年一年で361隻はすごすぎる。これを撮影した日は天気が悪く鮮やかな写真が撮れずちょっと残念だった。

船名       :SkySee Golden Era 天海新世紀
IMO        :9072446
船籍       :マルタ
運航会社:スカイシー・クルーズ・ライン
総トン数 :71,545トン
全長       :246m
全幅       :32m
喫水       :7.6m
巡航速度:21.5ノット
乗客定員:1808人
乗組員数:843人
就航       :1995年
改装       :-
造船       :ドイツ

| | コメント (0)

2016.05.04

コスタ・アトランティカ@博多港

R0116862

R0116899

先日帰福した時に博多港で見たコスタアトランティカ。横浜港に豪華客船が入港することは知っていたが、博多港には横浜をはるかに上回るほどのペースで豪華客船が入港していることを初めて知ってびっくりした。なんとほぼ毎日だ。そしてほとんどが上海との間を行き来しては中国人を日本に運んでいるのだ。博多港には朝着岸し、夕方離岸するので一日博多で観光して帰るというパターンである。船内の様子その他についてはこちらをご参照のこと。写真二枚目は博多ポートタワーの上から撮影したもの。博多港に同時に複数台の客船が来るときにはこの博多ふ頭だけでなく、写真右上に見える箱崎ふ頭にも着岸するそうだ。横浜でいえば大黒ふ頭にあたる。

船名       :Costa Atlantica コスタ・アトランティカ
IMO        :9187796
船籍       :イタリア
運航会社:コスタ・クルーズ
総トン数 :85,619トン
全長       :292.5m
全幅       :32.2m
喫水       :8.0m
巡航速度:22.0ノット
乗客定員:2680人
乗組員数:897人
就航       :2000年6月
改装       :-
造船       :フィンランド

| | コメント (0)

2016.04.27

ワールド・オデッセイ@横浜大桟橋

C0138627

C0138692

C0138730

2016年1月16日に横浜大桟橋にやってきたワールド・オデッセイ。見た目ではあまり豪華客船っぽくないが、調べたところなんとヴァージニア大学所有の洋上大学船だとかでさもありなん。客船ではなく、100日かけて世界を回りながら船内で授業を受けるだそうな。何学部でなんの勉強をするのだろうか。しかしなんという贅沢。ある意味、客船よりも贅沢じゃないだろうか、学生の身分としては。写真2枚めの国旗はバハマの商船旗。この旗の左上の1/4の部分がバハマ国旗となる。

船名       :World Odyssey ワールド・オデッセイ
IMO        :9141807
船籍       :バハマ
運航会社:セメスター・アット・シー
総トン数 :22,496トン
全長       :175m
全幅       :23m
喫水       :5.7m
巡航速度:ノット
乗客定員:604人
乗組員数:270人
就航       :1998年5月
改装       :
造船       :ドイツ

| | コメント (0)

2016.04.20

セレブリティ・ミレニアム@横浜大桟橋

C0102365

このセレブリティ・ミレニアムは昨年の秋、大桟橋で見たもの。白と紺色の船体がクリアで美しく、素敵なデザインとほれぼれして見入ったものである。1枚めは山下公園側から、下は大桟橋から見た前からと後ろから。やはり横からが一番船らしく見える。この船の場合後ろからの姿はまるで箱だ。四角い箱。

船名       :Celebrity Millennium セレブリティ・ミレニアム
IMO        :9189419
船籍       :マルタ
運航会社:セレブリティ・クルーズ
総トン数 :90,940トン
全長       :294m
全幅       :32.2m
喫水       :7.9m
巡航速度:24ノット
乗客定員:2158人
乗組員数:999人
就航       :2000年7月
改装       :2012年
造船       :フランス

C0102511

R0113790

| | コメント (0)