2015.08.31

コフキコガネ@自宅

R0113144

R0113166

R0113172

 27日の帰宅時、駅からの路上でもがく昆虫を発見した。ほぼ自動的に左手を伸ばして捕獲していた。コフキコガネだった(ゴキブリでなくてよかった)。暴れるので手で包むようにして自宅に持ち帰った。家族には知らせず、そっと透明ケースに移し、洗面所で撮影し、ベランダの観葉植物に放した。
 翌朝、まさかもういないだろうと思ったが一応念のためチェックして見たところ、なんとまだ居た。再度撮影した。触角のビラビラは10枚ほどはあるようだ。表面の黄褐色を形作るものは同色の細かい粉(毛?)のようだ。地は赤褐色だ。蜂蜜を指につけて舐めさせてみたが興味を示さなかったようだ。寝ていたらしく徐々に元気になり、やがて翅鞘をパッと開いたと思ったら、ぶ~んと飛んで行った。
 今年もいろんな昆虫が自宅に入り込んだり、ベランダに来訪したり、玄関先に出現したりしたが、昨年のカブトムシに匹敵するような大物には未だお出ましいただいてない。
8月27日、自宅にて

| | コメント (0)

2015.03.28

シドモア桜開花@鶴見川

R0107856

R0107871

年度末ということでいろいろと忙しく、週末も時間が取れない。一年で一番ドラスティックな変化の見られる時期なのに。大変勿体なく残念だ。
だが、少ない時間を精いっぱい使って鶴見川土手の散策をしてきた。鴨居の十九桜はもうすでにだいぶ開いており、お花見日和となっていた。
シドモア桜は咲いているものともう少しという樹がまだら状になっていた。これは朝9時ごろの観察。そして、自分で定めたシドモア桜の標本木は、朝の段階では、ほとんどの蕾は大きく膨らみ、少し開いているものもあった。大きな樹なのであちらこちら探してみると半分ほど開いている花が数本見られた。(写真1枚め)
完全に開いているかどうかは判断が微妙なところ。厳しく判断すれば「いや、まだです」というところだ。気象庁の職員は報道陣に見守られて判断する際にかなりプレッシャーを感じるだろうと言うことが分かった。
雑務をこなした午後、再び隙間時間を利用して出かけてみたところ、気温が上がったためか我が標本木はたくさんの花を完全に開いていた。15時ごろ、文句のつけようのない開花だ。(写真2枚め)
「標本木で数本以上の花が完全に開いていること」が開花の条件だとすると、開花のタイミングは3月28日の午前中ということになると思われる。それとも朝○時時点で観察することという条件があれば、昼間に開花していても宣言は翌日回しになるわけだ。
というわけで目出度くシドモア桜が開花した。我が標本木以外の樹ではもうだいぶ開花が進んでいるものもあり、場所によって誤差がかなりあることが分かる。
ちなみに下はだいぶ咲いていた十九桜。シドモア桜より開花が一日二日ほど早かったのではないかと思われる。お花見も盛んにやられていた。鶴見川の土手は見たことのないほどの人であふれ、一年で一番の人出だったのではないだろうか。自転車は走りにくそうだった。鶴見川の川面でツバメを探したが見つからなかった。
3月28日、鶴見川土手にて

R0107876

| | コメント (0)

2015.01.13

どんど焼き@鶴見川

C0085241

成人の日の12日、鶴見川のカモ広場ではどんど焼きが行われた。オナガガモの先割れクンを探そうかと思っていたのだが、どんど焼きの先客がいたためかカモたちはいつもよりも離れていた。
10時から12時までとのことだったのでそのまま新横浜公園に向かった。あまりにも風が強くなり帰宅する途中、強風のため火入れは危険なので中止かもしれないと思っていたが、11時前だったがもうとっくに火が治まっていた。燃やすところを見たかった。
鴨居の人道橋下のどんど焼きは昨日行われ、ランで通りがかった時には猛烈な煙がちょうど襲ってきて思わず避けたほどだった。
この日は鴨居駅近くで振り袖姿の新成人を二人ほど見かけた。今日は横浜じゅうの新成人が新横浜に集まるので凄いことになっているはずである。快晴だったが、猛烈に風の強い成人の日だった。
1月12日、鶴見川にて

C0085475

| | コメント (0)

2014.08.24

横浜線新型車両の駅スタンプマーク(10/10)

根岸駅号。三渓園と根岸森林公園の馬の博物館。三渓園は左側遠景の森とお寺。手前は根岸森林公園にある午の博物館。競馬には全く疎いが、シンザンという馬の像らしい。五冠馬、神賛と彫ってある。神賛はシンザンのことだと思う。
定かではないが8/8夜にこっそりデビューしたものと思われる。翌日8/9の昼過ぎに鴨居駅で目出度くget。実は昼前に新横浜公園から家に帰る途中で下りの横浜線を見かけ、いつもの癖でその駅スタンプを確認したのだが、見覚えのないスタンプのようだったので、もしやH027かと思って調べたら、その通りだったのだ。これがラスト2。
H027
I0010897

山手駅号山手西洋館とよばれる館は7館ほどあるが、その中で上がベーリックホール、下が山手111番館と思われる。いずれも三連ポーチが目立つ。実は山手西洋館は山手駅よりも石川町駅の方がだんぜん近いのだが、山手と名がつくという理由でまあ許そう。子供が小さい頃は中華街で食事~元町通りでウィンドウショッピング~港の見える丘公園でデザート~山手本通りで西洋館を見学~石川町駅とぶらぶらして帰ったものである。これでめでたく横浜線新型車両28編成をコンプリートした。祝!
新型車両E233系が横浜線にデビューしたのは大雪の降る2月の寒い日だった。ちょうど半年かけて全28編成の入れ替えが終了したわけだ。計画通り。めでたしめでたし。
8/23のE205系最終日に全面デビューした模様だが、その日は道志のボランティアで見に行けず、翌日の日曜日に鴨居駅で無事get。
H028
I0011176

| | コメント (2)

2014.08.16

鴨居駅の駅スタンプ

横浜線の新型車両E233系に駅スタンプのステッカーが貼られるということで興味をそそられ最近、駅スタンプ自体に手を出してしまっている。手始めに鴨居駅の駅スタンプを紹介したい。ついでにこのスタンプと同じ風景の場所から写真を撮ってみた。
まったく同じということが分かる(笑)。鴨居人道橋から鴨池大橋方面を撮影。

R0100095

| | コメント (0)

2014.08.03

横浜線新型車両駅のスタンプマーク(9/10)

桜木町号。桜木町号。一見してみなとみらいの光景とわかる。赤レンガ倉庫、ランドマークタワー、インターコンチネンタルホテル、コスモワールドの観覧車。そして右端のモノリス状のものは鉄道発祥の地の碑で、駅の南側にあるらしい。ここが初代横浜駅だったという。知らなかった。桜木町は横浜線の駅ではないが、根岸線の駅なので28編成のなかに入っている。横浜線は八王子から東神奈川まで20駅で、28に足りないので根岸線の駅から8駅の駅スタンプが選ばれている。横浜・桜木町・関内・石川町・山手・根岸・磯子・大船だ。
H004
I0010093

石川町号。想定より一週間の遅れでデビューしたH015。氷川丸横浜マリンタワー中華街はわかる。分からないのが左側にある鳥のオブジェだ。山下公園にこんなのあったっけか。調べてみると山下公園ではなく元町の入口にあるものでフェニックスアーチというそうだ。元町ストリートは何度も通ったことはあるが、特に印象に残っていない。ついでに中華街の門についても調べてみた。なんと10もあるという。その中でこれは反りあがった屋根の形状から善隣門と思われる。こうした牌楼からド派手な飾りを取り去り極限までシンプルにすると日本の鳥居になるように思う。H026片倉号とまったく同じタイミングで新横浜駅で8/1夜get。 これで残るは2編成H027、H028となった。今回は2編成のみの紹介とする。
H015
I0010852

| | コメント (2)

2014.07.13

横浜線新型車両の駅スタンプマーク(8/10)

横浜線新型車両の駅スタンプマークは一編成8両に4か所ある。1号車と8号車の左右だ。これを綺麗に撮影するには条件に合わせて4か所から選ぶ必要がある。テキトーに撮影すると、光線の具合で光ってしまうことがある。夜だと、バックのネオンサイン等の映り込みが出来たりもする。また、真正面から撮影しないと楕円になってしまうので、位置決めも重要だ。
これまでの経験では、どうも夜間撮影の方がコントラストが出やすくくっきりした写真になるように思う。ま、レタッチソフトとそのやり方によるところも大きいが。

長津田号。う~ん、牛が強調されると妙に場違いな感じ。オオハクチョウかコハクチョウかは問わず白鳥であればくちばしにはあるはずの黒がない(指摘が細かすぎか)、足こぎボートよりも白鳥がでかいなど突っ込みどころ満載だが許す。だってこどもの国だもの。地味なスタンプが多い中、牛、白鳥、桜、ボート、池と森と盛りだくさんで楽しい。子供が小さいころは何度か遊びに行ったが、もう遠い思い出だ。4/2get。
H007
I0010389

片倉号。片倉城跡公園。紫の花はカタクリと思われる。これで24編成めとなり、横浜線の駅はすべて出尽くした。残りは根岸線の4駅分となった。片倉号というよりはカタクリ号という方が風流かな(笑)。7/7の夕刻、帰宅時の横浜線が新横浜に停車したとき、逆側の上りホームに止まっていた車両がなんとこのH026だったので、急いで降りて撮影したのだった。1両目に乗っていたためぎりぎりセーフで間に合った。1両目に乗っていて良かった。7/6デビュー。7/7get。
H026
I0010805

関内号横浜三塔はキング(神奈川県庁)、クイーン(横浜税関)、ジャック(開港記念会館)の三つの歴史的建造物だ。
この図柄では左からキング、ジャック、クイーンの順に並んでいる。真ん中のジャックが一番高いように見えるが実際には一番低く、高さの順序ではクイーン、キング、ジャックだ。港横浜らしいデザインである。どことなくトランプのデザインっぽい。これで25編成め。残りは3編成。7/11デビュー。7/12昼鴨居駅でget。
H014
I0010843

| | コメント (0)

2014.06.29

横浜線新型車両の駅スタンプマーク(7/10)

横浜線新型車両は6月28日現在で23編成が揃い、残るは5編成となった。毎週1編成がデビューするとするならば8月1日あたりで完了となるはずだ。そして横浜線が終ると今度は南武線だが、そちらまではフォローする気はない。

磯子号。磯子もあまり馴染みが無い駅であるが、地図を見ていて思い出した。来年開催される横浜マラソンはこれまでハーフだったのが初めてフルマラソンになるのだが、そのコースが磯子駅すぐわきの首都高湾岸線を通る。高速道をマラソンで走るのだ。普段絶対に走ることが出来ない高速道を走るなんて気持ちよかろうと思い、ぜひとも参加しようと思っているのだが、どうせまた抽選なんだろうなぁ。落選したら、沿道警備にでも応募しようかとも思う。デザインは根岸湾(というのだな)の工業地帯だ。それも夜景あるいは夕方ぐらいに見える。遠景にライトがついているのと右側の鉄塔に赤いライトがついているからだ。地図によると東京ガスの工場、東電の火力発電所、電源開発の火力発電所、日清オイリオの工場、IHIの工場、東芝の工場などが集まっている。6/27夜デビュー。6/28昼東神奈川でget。
H013
I0010769

相原号。図柄は大戸観音。相原には降りたことがない。調べてみると大戸観音は相原駅から西に3kmほどの辺りにあるようだ。まちだフットパスガイドマップ2NPO法人みどりのゆび編集)に掲載されていた。自然豊かな地域らしい。町田市の最西端でほとんど高尾山に近い。いつか自然観察に行ってみたい。しかし、矢部号のデザインによく似ている。6/19夜デビュー。6/20朝get。
H025
I0010667

町田号薬師池公園とのこと。だいぶ前に一度黒王号で行った覚えがある
たしか寺と古民家があり、森や池もあったし、ハス田があってトンボを撮影した記憶がある。デザイン的には大賀ハスのピンクが効いている。
H003
I0010081

| | コメント (2)

2014.06.15

横浜線新型車両の駅スタンプマーク(6/10)

横浜線新型車両の導入も終盤を迎え21編成となった。残りは7編成だ(6/14現在)。旧型車両をどんどん除けないと新型車両を置くスペースが確保できないので、限られた条件の中で容易でないパズルを解くような仕事をしている人たちがJR東日本にいるのだろうと思う。新潟と金沢八景のふたつの工場で新型車両を作っていて、その工場では駅スタンプステッカーは貼っていないようなので、それではいったいどこで貼っているのか非常に気になっている。

小机号。横浜F・マリノスのホーム日産スタジアム(正式には横浜国際総合競技場だが命名権でこうなっている)を新横浜プリンスの上階から見た図だろうか。ここは鴨居の自宅からちょうど5kmで、毎週走りに来ているのでとっても身近な場所だ。いつもは周囲の新横浜公園を走るが、トラック個人利用日にスタジアム内の400mトラックを走ったことも何度もある。
小机にはほかには何もない...いやいや失礼な。そんなわけはない。素敵な寺社がいろいろあるし、小机城址だってある。けっこう由緒ある町なのだ。6/7デビュー。6/8朝get。
H011
I0010646

大船号。未登場の横浜線の駅は相原と片倉なので、そのどちらかと確信していたのだが、見事に外された。根岸線の大船だった。相原と片倉はまさか最後の28編成めを争うのだろうか。デザインは大船観音。実はこれを実際に見に行ったことはない。鎌倉に行くときにちらと眼にはしているのだが。最初、この観音様は当然足まであるはずなので、相当深く掘ってあるんだろうと思っていたことがある(笑)。6/13夜デビュー、6/14午後町田駅でget。
H012
I0010658

古淵号。いやぁ、なんとも緑色一色の地味なデザイン。横浜線のテーマカラーがもともと緑色なので緑色の面積ではナンバーワンだろう。これは木もれの日の森(相模原中央緑地)で、かなりの広さの平地林のようだ。機会があったら一度散策してみたいものだが。4/5get。
H019
I0010254

| | コメント (2)

2014.06.01

横浜線新型車両の駅スタンプマーク(5/10)

横浜線の新型車両は順調に増え今や19編成にまでなったので全28編成の2/3を超えたことになる。今回中山号が登場し、横浜線の中でまだ出てないのは小机、相原、片倉の3駅ということになった。最後になるのはどの駅かなのか。そして、この順番はいったい何の順番なのか。ということで駅スタンプマークの紹介第5弾。

菊名号蓮勝寺と右の像は菊名神社の「がまんさま」。蓮勝寺は七福神でなんどか回った記憶がある。港北七福神の毘沙門天様だったかな。菊名駅から数分の坂の途中にある。
菊名神社は一度行ったことがあるが、「がまんさま」は知らなかった。右にあるのがそのがまんさまのようだ。こんど行ってみたい。それにしても蓮勝寺にがまんさまがあるように見えるとても紛らわしいデザインだ。
このH009編成は5/24夜にデビューしたのだが、菊名・新横浜間の信号故障のためダイヤが乱れ、ほとんど走れなかったようだ。本格的に運用開始された5/25(sat)に小机駅にてget。
H009
I0010607

中山号。よこはま動物園ズーラシアのオカピとレッサーパンダ。駅スタンプとまったく同じデザイン。ズーラシアまでは中山駅からだとバスになるが結構遠い。出来た当初はズーラシア渋滞で中原街道が大変な状態になったものだ。もう10年以上行ってないなぁ。子供が大きくなるとこうなるものだ。ユニークなデザインでよろしい。5/30デビュー。5/31新横浜でget。
H010
I0010630

淵野辺号。鹿沼公園に常設されているSLだが横浜線を走っていたというわけではないようだ。D52の235号機らしい。この公園には熱心なボランティアたちがいて、専門的な保全活動をやっているそうだ。大切にされてD52は幸せだろう。淵野辺と言えばふつうはJAXAだが、このD52も一度見に行ってみたい。駅スタンプのデザインとしては最適の素材だ。
H017
I0010196

| | コメント (2)

より以前の記事一覧