2007.10.21

トラック22周@小机サブグラウンド

素晴らしい秋日和の一日、午前中は例により新治市民の森に黒王号で出かけた。この時期、何を着ていったらよいか迷うのだが、結局長袖Tシャツに薄いウィンドブレーカを腰に巻いていって正解だった。ウィンドブレーカは無くてもよかったが。日当たりは暖かく日陰は涼しい。どこにいても心地良い一日だった。こういう気候が長く続くとよいのだが。どうもちょうどよい気候の春秋が短いと思う。
さて午後はランをした。特にコースは決めずに走り出した。とりあえずニッサンスタジアム方面へ向った。約4.5kmでスタジアムのサブグラウンドに着いたら、トラックを中学生らしきが走っているではないか。ラッキー!今日はトラックの個人利用開放日だったのだ。さっそく窓口でサインして中に入る。受付はどう見てもせいぜい高校生のお姉ちゃんだった。トラックに入るときなんだか舞台に上がるような昂揚感を味わう。大げさな(笑)。
トラックでは内側が長距離用、中ほどが中距離用、外側が短距離用だそうだ。なので内側を走る。とりあえず一周はゆっくりペース、2’21”。二周目からはちょっと考えてキロ5分相当の2分ジャストをペースに定めた。赤いアンツーカーのトラックは滑らず柔らかすぎずちょうど走りやすい。スピードを少しあげてすたすた走る。パルスグラフのラップボタンを一周ごとに押す。2分は長いようで短い。中学生の陸上部は100m、ハードル、そして800mの練習をしているようだった。2’01、2’00、2’01、1’56、1’58、1’57,1’53、1’57、1’56,1’56,1’56、1’55,1’55,1’52,1’53、1’53、1’51、1’51,1’53、1’51。後半はかなり疲れていたがいいペースで走れていた。最後だけはちょっと早く走ることにして1’34。後で考えると25周ちょうど10km走ればよかったと思うが、きり良く20周ということしか頭になかった。ラストをあがると水場で水をごくごく飲み、超スローペースで亀甲橋経由で帰宅した。心拍数140程度を目処に走ったのでキロ7分ぐらいかかった。呼吸は超ラクなのだが少しでもペースをあげると心拍数が跳ね上がる。これはいったいどういう機序によるものか。いろいろ考えながら走る。結局、脱水によるパフォーマンス低下かなぁ。帰路5kmを36’6もかかってゴールした。
コース:小机サブグラウンド往復+400mトラック22周、距離:20.0km、タイム:1:58’41、平均心拍数:152、最高心拍数201(ちょっと疑問ありだが)、平均ピッチ:169、ラン後体重:○3.9kg(これは近年に無い低体重。脱水がかなりの程度だったものと思う。具合が悪くなったわけではまったくないが)、10月累計走行距離:141.2km。
トラック走行部分だけ取り出してみると.....
距離:8.8km、タイム:42’33、平均心拍数:170、最高心拍数:201、平均ピッチ:174ぐらいど思われる。これだけ見ると遅いなぁ。
写真がないと寂しいので新治で撮ったルリタテハ。カンナのような大きな葉の向こう側にとまっていたのを撮影したらロールシャッハテストのような面白いものになった。これが何に見えるかと言われれば...やはり蝶としか見えないが。青の色合いから♂ではないかと思う。10月21日、新治市民の森にて。
Imgp0118

| | コメント (0)

2007.10.14

アズチグモ斑紋型@四季の森公園

Imgr9914
朝から新治市民の森に行った。お昼は中山の壱国家。そして続けて四季の森公園と連ちゃん。いろいろ観察できたのだが、紹介したいのはアズチグモ♀斑紋型。アズチグモは何度も見ているがこの褐色の模様をもつアズチグモは珍しいと思い、なんとかアズチグモという別種だろうと思っていたのだが、図鑑で調べるとアズチグモの斑紋型というらしかった。真っ白のアズチグモよりもオシャレでかっこいい感じがした。適度に涼しく、とても過ごし易い一日だった。10月14日、四季の森公園。

夕方、ジョギングした。先日の東名手前までのポイントよりもう1km先まで往復した。1630時ごろ走り始めたが、すでに空が暗く日が短いことを実感した。しかも北の空から雷がごろごろ聞こえた。昨日のクールダウンも兼ねてゆっるゆるで走る。今日は心拍数135程度を保つように心がけた。そうするとスピードはキロ6分20秒程度となった。東名高速下をくぐり、東急田園都市線の下を越えたあたりの0km地点で折り返した。ちょうど50m前を男が走っていた。それが自分のペースとまったく一緒だったので勝手にペースメーカーとしてついていった。30m~100mぐらいの距離を保持しながら落合橋まで利用させてもらった。途中で雨が降り出し、あれよあれよという間に土砂降りになってずぶぬれになる。ま、非常にゆっくりしたペースのため別に問題はない。ただシューズの先端から水が沁み、中が不快な感じになった。コース:市ヶ尾0km地点往復、距離:11.7km、タイム:1:14’42”、平均心拍数:133、最高心拍数:144、平均ピッチ:165、ラン後体重:○5.6kg、10月度累計:97.2km。

| | コメント (0)

2007.10.13

銭湯ランto赤井温泉

Imgr9610
走るには絶好のシーズン到来。今日は朝から、銭湯に入るために横浜市を縦断して走ってきた。鴨居~環状2号線~丸山台~港南台~上郷高校~瀬上市民の森~金沢市民の森~金沢自然公園~六国峠ハイキングコース~釜利谷の赤井温泉というコース。これまで数回走っている慣れたコースである。走る前は気温が低く曇っていたのだが、走り出したとたんに雲がきれて日が差してきた。いかん、帽子を忘れた。鴨居原市民の森で給水#1。今日は散歩している人が多いようだ。東戸塚の9.5km地点で62’54”。着替えを詰めたリュックを背負っているのでいつもより2kg重い。なのでいつもよりちょっと遅い。環2中永谷で右折。日限山地蔵前交差点の公園で給水#2。あちらこちらでキンモクセイの香りが漂ってくる。どこかで幼稚園の運動会をやっているようだった。カツラ並木を通ったがカラメルの香りは香ってこなかった。イチョウ並木の剪定が行われていて、銀杏の香りが強烈だった。いろんな香りに励まされてすたすたと調子よく走る。JR根岸線の下を通り環状3号線との交差点手前のセブンイレブンで昼食をゲットする。ここで2:00’47”。環3を越え、上郷高校から森に下りる。ハイキング客がちらほらいた。山道を通り、斜面を苦労して登り尾根道に出てしばらく行くと、いつものエノキポイントに到着。2:25’55”。ベンチで昼食だ。膝を蚊に刺された。おにぎりとサンドウィッチをお茶で流し込むと体にぐんぐん染み込んでいった。ちょうど9分で出発し気持ちのよい山道を走る。南下し約2kmで反転し北東に向う。金沢動物園の外側の階段道を登ったり降りたり無駄の多い、つまりきついルートを走り、動物園の駐車場で給水#3。六国峠ハイキングコースに入る。ここも上り下りが多く辛い。下りでスピードを出すと膝を痛める懸念があるのでゆるめに走る。ときおり何かの香りを感じ、カラスザンショウだと気づく。だがあの独特の甘い香りはしない。しかしそれと分かる何かの化学物質を鼻で感じたのだ。ハイカーと多くすれ違う。散歩でもかなりの運動量になると思われるコースだ。赤井谷第二公園あたりで住宅地に降り、急坂を通ってゴールの赤井温泉に到着。今日は気候がよく、へとへとにならずに余裕を持って完走できた。この赤井温泉は温泉とは言っても実質まったく銭湯である。ただ、1500時以前は500円と少しだけ高い。13時半とあって客も少なく、真っ黒い湯の風呂をゆったりと楽しめた。小一時間かけて水風呂も含めて4つの風呂に全部入った。脱衣所の扇風機が心地よかった。正法院にお参りし正月以来の七福神にも参った。金沢文庫で改めて昼食を食べて京急鈍行でうとうとと帰宅した。
距離:31km(後半は山道なので推定)、タイム:3:33’17”(ロスタイム20分)、平均心拍数:142、最高心拍数:168、平均ピッチ:164、ラン後体重:○5.2kg。10月累計走行距離:85.5km。

| | コメント (0)

2007.10.10

マユタテアカネの顔@新治市民の森

水曜日は早朝ランの日である。土日と水曜日で週に3回走ることになる。このペースで4ヶ月練習を積みたい。今日はいつもの亀甲橋往復コースはやめておいて逆方向、つまり鶴見川の上流方向に走ってみた。東名高速の手前までの往復。久しぶりの方面なので距離を確認するため誰がつけたか知らないが、サイクリングロードに○.5kmとか○kmと500mおきにラインが引いてある。それを目印にだいたい往復10kmぐらいになるように走った。やはり朝は体が重く、気も重く、ゆっくりとしか走れない。しかも心臓も重いので心拍数もなかなかあがらないようだ。どんよりと曇っていてだんだん冬空が近いような気がした。散歩の人から挨拶をされた(2度も)ので「おはようございます!」を返せた。こういうのは気分が高揚する。コース:東名手前まで往復、距離:9,5km、タイム:1:01’34”、平均心拍数:128、最高心拍数140、平均ピッチ:167、ラン後体重:不明、10月累計:54.5km。
Imgr9433 Imgr9437 Imgr9441
これまで2度ほどマユタテアカネを紹介したが、先週末初めてを撮影することができた。しかも、はじめて左手にご招待をしてしまった(笑)。新治市民の森のいけぶち広場近くのせせらぎで発見した赤トンボ。ゆっくり近寄って写したのだが、よく見ると何かを捕らえて食べている模様だった。一生けん命食べているので注意力が散漫になったのだろうか。近寄ったついで、衝動的にぱっと手を伸ばしたら捕まえてしまった。腹の付け根の♂生殖器が分かる。顔のアップでははじめて和名の由来である眉の黒っぽい部分が見えた。しばらく観察・撮影してからそのままそっとアジサイの葉に移してやるとしばらくそのままじっとしていた。胸の脇の筋は微かで目立たない。小さな赤トンボだった。10月7日、新治市民の森にて。

| | コメント (0)

2007.10.08

ノシメトンボ@新治市民の森

今日は雨の予報。特に午後からは荒れ模様というので午前中にランをしようと決めていた。ところが朝起きてみると綺麗に晴れていてアレ?しかし西や北の空を見ると黒い雲が押し寄せてきていて、いずれ雨になることは予感できた。朝食後腹ごなしに鶴見川土手の散歩。カワウ、コガモ、カルガモ、アオサギ、イカルチドリ、イソシギ、ハクセキレイ、キセキレイ、カワラヒワ、スズメ、ハシボソガラス、キジバト、モズ。勇気を奮って草ぼうぼうの土手に下りてみる。カメムシの幼虫、白いチョウ、黄色いチョウ、バッタ。トンボはいない。20分ぐらいで雨がばらばらと降り始め、止んだ。Tシャツに植物の種がつく。クモの糸が顔に張りつく。蚊に刺されないように注意して歩く。また雨が降り始める。潮時と判断し、とっとと退散する。食後すぐは走れない。食後2時間たってからゆっくり走り始めた。今日は港北ニュータウン一周コースとした。坂が多く、距離の割には疲れる。だが、約18kmに渡りほとんど車道とは隔絶された遊歩道が整備されたすばらしいコースである。前半はほぼ樹木に覆われていてほとんど雨に当たらずに走れた。後半は明るくやや開けたコース。ゆうばえのみち、ささぶねのみち、せきれいのみち、ふじやとのみち、くさぶえのみちとか素敵なネーミングの緑道が延々と連なる。上り坂下り坂がありゆっくり走っても負荷がかかる。だいたいキロ6分から6分30秒ぐらいのスピードで走る。娘達のピアノのレッスンで通っていた頃には毎週走っていたが、久しぶりである。多少の雨にあったがほとんど大したことはなかった。途中何箇所かで給水をしながら走った。コース:港北NT周回コース、距離:23km、タイム:2:24’58”(ロスタイム2分ぐらい)、平均心拍数:147、最高心拍数:164、平均ピッチ:168、ラン後体重:○4.9kg。10月累計距離:45km。
Imgr9296 Imgr9301
ぱっと見て赤くはないのだが、いわゆる赤トンボの一種のノシメトンボ。翅先が黒褐色で目立つ。胸の筋はコノシメトンボとは異なり黒が三本斜めに延び、真ん中の二本めが上まで達する。これはメス。
コノシメトンボ、ノシメトンボ、リスアカネ、マユタテアカネ♀は翅先に暗色斑があるが、じっくり見ないと現地ではなかなか落ち着いて識別ができない。まだまだ修行が足りないな。10月6日、新治市民の森。

| | コメント (0)

2007.10.06

オオアオイトトンボ@新治市民の森

Imgr9249
久しぶりに自然観察に新治市民の森に行って来た。日差しは強いが空気が乾燥していて涼しい。風を切って走ると心地よい。黒王号ありがとう。今日のターゲットはまだ見ぬ赤トンボであるミヤマアカネ。そう珍しいトンボでもないらしいので見ることが出来るのではないかと。で、いろいろと見た中でこれと思われるのがこれ。オオアオイトトンボアオイトトンボとよく似ているが眼が緑っぽいことと、粉を吹いていないようなのでオオアオイトトンボかと思う。顔が非常に複雑な構造をしている。唇が黄色い。このトンボは水辺近くの草にひっそりととまっていたのでとても気づきにくかった。小さいし、よく探さないと見つからないのではないかと思った。というわけでミヤマアカネは見られなかったのは残念。10月6日、新治市民の森にて。
夕方はちょっと走った。心地よい気候なのでスタスタと走れ、だいたいキロ5分ぐらいのスピードでラップを刻む。今日は走っている人が多いようないがする。みんな東京マラソンに当選したのだろうか?前方に女性が走っている。自分より少し遅いペースだ。少しずつ近づいてくる。こういうとき追い越すかフォローするか迷う。特に女性のときは後ろをついていくのはヘンに誤解されるのでさっさと追い越すべきである。というわけでスピードをあげた。最初は15kmぐらい行こうかと思っていたのだがこのペースだと持たないかもしれない。亀甲橋の5kmポイントを過ぎるつもりだったが信号がちょうど赤になった瞬間でタイミングがあわず、しかたなく折り返した。5kmで25’18”。徐々にスピードが上がる。モズが高鳴きする。コサギが鶴見川の川面を低く飛ぶ。遅れたツバメが一羽空を高く飛ぶ。などと余所見もしながらすたすたと走る。いつもの鶴見川人道橋を過ぎ、落合橋まで行き、川を渡って折り返す。ちょうど12km。15kmには及ばなかったがやや強めの練習になった。距離:12km、タイム:58’32”、平均心拍数:167、最高心拍数:181、平均ピッチ:173、体重:○6.0kg。10月累計:22km。

Imgr9243

| | コメント (0)

2007.10.05

キタテハ@鶴見川土手

今日、思わぬメールが届いた。申し込んでいた東京マラソンに当選したと。競争率約5倍ということでほとんど期待してなかったのに。これでまじめに練習せねばならなくなった。9月は近年になく走りこみ合計120kmを越えた。これから毎月これくらいは走ろうと思う。昨年のTOEIC受験等と同じで、人生のアクセントになり、ちょっとぴりっとする感じだ。マラソンはこれまで二度参加した。いずれも河口湖マラソン。かれこれ10年前になろうか。いつも一人で走るのとは異なる、お祭りのような雰囲気はマラソン大会初参加の自分にとっては感動的であった。見知らぬ人たちが自分を応援してくれる。おじさんやおばさん。子供たちが声援をかけてくれる。アメをくれる。バナナをくれる。手を振ってくれる。名物らしき男が大声で声援をしてくれる。そして大勢の同士と一緒に走るのだ。もうほとんど感涙状態であった。約4時間で完走したのであった。フルマラソンはこの2回。他にフルマラソンの距離は何度も東海道で走ってはいるが、こちらはリュックを背負っての気ままな走りである。途中飲み食いしたりデジカメで撮影したりするもの。やはりマラソン大会とは異なる。落選したらはるきょん杯横浜マラソンを勝手に設定して同時刻に走ろうと思っていた。ある程度コースも考えていたのだが、これはちゃんと考えたうえで東京マラソンの事前の練習コースとしようかと思う。
Imgr6152
もう二ヶ月以上も前になるが、鶴見川の土手でみたキタテハシータテハに似るが黒斑の模様が少し異なる。7月31日。鶴見川土手。

| | コメント (2)

2007.09.29

道志水源林ボランティア報告#16

今日はびっくりするぐらいの寒さで20度に届かなかった。朝から小雨も降っていた。これは絶好のラン日和だというわけで、地図を広げてコースの検討。結局、鴨居~東戸塚~東神奈川の三角形コースを走ることとし、9時前に出た。七里堰までで4km、環状2号で東戸塚までで約10km、左折して境木地蔵尊から光陵高校(光陵際というのをやっていた。文化祭だと思う)、権太坂、保土ヶ谷駅前、松原商店街、台の坂、東神奈川。左折して岸根交差点、小机経由でゴール。肌寒いので走るのにはちょうどよい気候だった。けっこうスタスタ走れた。雨も霧雨程度で走るの支障なしだった。距離:27.4km、タイム:2:41’31”(給水と信号待ちのロスタイム4’30”含む)、平均心拍数:150、最高心拍数:170、平均ピッチ:168、ラン後体重:○5.3kg。雨だったので最新のシューズ10号ではなく一世代前の9号を使った。10号を買ってから一年以上経つのでそろそろ11号を調達せねばと思っているが、なかなか機会が無い。いつも渋谷のアートスポーツなのだがミズノのランシューズを置いているところが近くにないかなぁ。渋谷までわざわざ行くのがちょっと面倒。この秋初めて冬用の厚手の長袖Tシャツを使ってちょうどよかった。
Imgr9041 Imgr9046
平日ながら木曜日に道志ボランティアに参加してきた。今年の4回目、三年目の累計16回目となった。回数だけならかなりベテランとなってしまった。もちろん30回以上とかの猛者が何人もいるのでかなわないが。今回は5班に配属され、そこの林分はかなり間伐が進んだスギ林だった。8月になんと高校生が間伐作業をしたとのこと。6月の回に参加したとき、夏休みの高校生募集に人が集まらなくて困っているという話を水道局の人がしていたのを思い出した。何人ぐらいの高校生が集まったのだろうか。たぶん、ものすごい物好きではないかと思う。
さて、間伐の対象となるスギであるが、ほとんどが15cm以下の細いものだった。なので、ハシゴをかけてロープを結び、受け口を切って、追い口を切って、ロープで引っ張るという、いわゆる道志方式での間伐はほとんどせずに、小間伐として簡単に切って倒すというやり方でどんどんやっていくことになった。我が班唯一の女性参加者がマーク係となり、切った株に数字を書いてゆく。こちらで玉切り枝払いなどの処理をしているうちにあちらでも倒れるのでどんどん数字が増えてゆき、午前中になんと37本という記録的な数字となってしまった。マーク係がかなり大変でコッチにマークしたら、アッチで倒れたのであっちに行き、その間に別のところでも倒れたので声がかかるという具合で文字通り飛び回っていてお疲れさんだった。午後も同様に進み、最終的には52本という、考えられないような記録となった。その中で本格的に道志方式で倒したのは3本だけだった。また、52本の他にも、細い杉を押したら倒れたというものや、ぐらぐらしていたので引っ張ったら根本から抜けたというものまであったが、それらは切株が残っていないのでカウントされなかった。小間伐とは言っても、樹の上のほうには枝がたくさんあるわけで、玉切りの手間は少ないものの、枝の処理がえらい大変であった。この林にはアカマツコナラクリホオノキなどが少し混じっていた。また下草としてササがかなりあった。
朝から曇りで気温がやや低く、作業には最適な気候だったので、気持ちよく進めることが出来た。また、なかなかスムーズに分業でき、手伝ったり手伝われたりしながらうまく作業が進んだ。今は恒例の筋肉痛が来ていて、両手の親指の根元のふくらんだ部分、二の腕の裏側、大胸筋が少し痛い。いずれもノコギリをしっかり握って引くときに使う筋肉である。9月27日、山梨県道志村。

Imgr9060

| | コメント (0)

2007.09.24

コノシメトンボ@新治市民の森

Imgr8737
新治の赤トンボシリーズその2コノシメトンボ。これも翅先に暗色斑がある。胸脇の模様からコノシメトンボと思われる。黄色地に黒の筋があるが、黒筋が黄色をぐるっと囲む部分があるのが特徴。腹が赤くないのでメスであろう。このトンボは倒木にじっと止まっていた。風が吹くたびに一歩ずつゆっくり近づき、風に揺れる草ですボクは、という気持ちで寄っていった。最終的にはレンズは30cmまで近づいた。撮影後そのままそっと後退すると、このトンボはずっとそこにとまったままであった。昨年だったか、鶴見川で見たので初見ではないが、新治では初見である。9月23日、新治市民の森にて。
今日も夕方ジョギングをした。昨日ちょっとがんばったせいでゆるゆるとキロ6分20秒程度で走った。これくらいだとほとんど呼吸をしなくてもいいぐらいで、というのは嘘だが、ゆっくり深呼吸をしながら走れる感じ。こういう走りにどういう意味があるのか?自分でもよく判らないがとにかく一時間ほど体を動かし続けても平気な体を作ることと、走るクセをつけること、贅肉を少しは落とせることと思おう。ただ、筋肉痛を伴わないような練習は意味が無いという意見もあるコース:亀甲橋往復、距離:10km、タイム:1:02’55”、平均心拍数:132、最高心拍数:144、平均ピッチ:167、体重:○6.0kgだった。これで9月は累計96.4km。涼しくなると走るのが楽になってくるので嬉しい。

| | コメント (0)

2007.09.23

リスアカネ@新治市民の森

Imgr8778
今日は午前中の1時間半を新治で過ごした。雲が厚く日差しが無いため暑くなく涼しい。気持ち良い初秋の一日であった。新治ではよくわからない赤トンボが少しずついたので出来る限り撮影しておいた。家で調べてみるとなかなか面白い結果となった。これはリスアカネ♂と思われる。翅先に黒っぽい斑がある特徴によりまず3種に絞られ、胸脇の模様によりそれと判断した。初見。長池公園までわざわざ黒王号で買いに走ってゲットしたトンボ図鑑が非常に役立っている。大感謝。しかしリスとはどういう意味であろうか。顔がリスに似ているとか?9月23日、新治市民の森にて。
さて、夕方ジョギングをした。涼しいので足取りも軽くいつもよりピッチが速くなっていた。今日はいつもの亀甲橋を超えて新羽橋まで行き、左折して道沿いに西方寺を通って戻った。西方寺は本堂がながながと工事中で、いくらなんでもそろそろ終わっているだろうと思ったから、確認のためである。思ったとおり完成していたようだった。だが肝心なときに本堂まで見に行くのを忘れて道をまっすぐ走っていってしまった。頭がぼおっとしていたとしか言いようが無い。ただ道からは本堂のかやぶきの立派な屋根が見えたのでよしとする。だいたいキロ5分半ぐらいで走った。いい季節になってきた。距離:14km、タイム:1:15’52”、平均心拍数:152、最高心拍数:171、平均ピッチ:171、体重:○5.5kg

| | コメント (2)

より以前の記事一覧