2016.06.28

コシアキトンボ羽化殻@新横浜公園

R0122122

R0122121_2  新横浜公園の大池でコフキトンボが目立ち、時おりコシアキトンボがやって来ていた。また何度か上空をチョウトンボが舞うという感じだったが、天気のせいかあまり出てくれなかった。大池を周回しているはずのギンヤンマオオヤマトンボ、そしてどこかの止り木に止まっているはずのウチワヤンマなどを探してみたがまったく見つからなかった。
 で見つけたのが羽化殻。トンボ科のものだ。側棘は第8第9節、背棘は第4節以降にある。全体に暗色で腹部が幅広くコシアキトンボ羽化殻
6月21日、新横浜公園にて

| | コメント (0)

2016.06.27

コフキトンボ♀@新横浜公園

C0158748

新横浜公園で一番多く見られたのはこのコフキトンボだった。ガマの穂に止まっていて、そっと近づくとふっと飛んで逃げる。微妙に神経質。なかなか近づき方が難しく勘が戻らない。上はコフキトンボ♀。帯型ではなく♂型♀とも言うようだ。胸部の黒い模様が独特。尾毛が短く下に曲がるのも特徴で分かりやすい。
6月21日、新横浜公園にて

| | コメント (4)

2016.06.10

ショウジョウトンボ未熟♂@新治市民の森

R0121501

クリ林を離れてせせらぎを歩いていて黄色いトンボを発見した。ショウジョウトンボ未熟♂。しばらくすれば赤くなり、夏本番となる。この♂個体は腹部が太めで♀っぽく見えるが腹部第二節に副性器が見えている。♂の印。
下は尾部上付属器。これも♂の印。
6月4日、新治市民の森にて

R0121491

| | コメント (0)

2016.05.31

オオヤマトンボ@四季の森公園

R0120799

四季の森公園
のハス池ではオオヤマトンボ♂が周囲を飛び回っていた。メスを探しての探雌飛行だろう。この日はデジタル一眼を持ってこなかったので、仕方なくダメもとでコンデジで置きピンで狙ってみた。飛行コースを慎重に見定めて待っていたら、一発で狙い通りにやってきたので撮ることができて、自分でもちょっとびっくりした。ま、めでたしめでたし。トンボでは他にはヤマサナエ、シオヤトンボ、シオカラトンボ、オオシオカラトンボ、ニホンカワトンボなどが見られた。小昆虫を食べていたシオヤトンボを観察していたところ、何を思ったか自分に飛びかかって来てわが右腕に止まって食事を続けた。左手にコンデジを持ち替えて撮影したのが下、シオヤトンボ♂。シオカラトンボに似るが縁紋が黒くなく、腹部第7節以降も黒くなく、全体にスマートでない体型。カゲロウと思われる餌のふっくらしたお腹をむしゃむしゃ食べる様子を見ていると、あ~おいしそうに食べてるなぁと感じ、その食べるスピードの速さはかなりのもので、あっという間に腹の中に納まってしまった。写真ではほぼ食べ終えて触角か尾毛が見えている。
5月29日、四季の森公園にて

R0120855

| | コメント (0)

2016.05.21

アオモンイトトンボ羽化殻@新横浜公園

R0119437

新横浜公園ではもっと他のトンボが見つかるかと思っていたが、まったく見つからず。アオモンイトトンボが増えていて、交尾態のものも撮影することが出来た(写真下)。その周囲にはたくさん見られたが、少し歩くとまったく見られなくなる。数の多かった場所に戻って水辺をチェックしたところ、羽化殻がいくつか見つかった。アジアイトトンボ羽化殻と識別するには尾鰓を詳細にチェックしなければならず、ちょっと困難。
5月15日、新横浜公園にて

R0119450

| | コメント (0)

2016.05.07

アオモンイトトンボ♂@新横浜公園

C0149350

R0118955

シオカラトンボの他にはアオモンイトトンボ♂がかなりの数見られた。今シーズンまだアジアイトトンボを見てないのでちょっと順序が逆だと思うが。イトトンボの撮影はなかなか難しく、妙な姿勢を保つと腰が痛くなるし、集中して撮影すると息を止めてしまうので呼吸も苦しい。他のイトトンボもだいぶ探したが見つからず。一枚めは一眼、2枚めはコンデジで同一個体を撮影してみた。色合いなどだいぶ感じが違う。
5月1日、新横浜公園にて

| | コメント (0)

2016.05.06

シオカラトンボ@新横浜公園

C0149375

4月3日以来の久しぶりの新横浜公園に行ってみた。すっかり初夏の雰囲気となっていてカモはカルガモのみ。ただオオバンはまだけっこう残っていた。バンも少し。クリークの散策でシオカラトンボ♂を見つけた。一頭だけだったが。久しぶりの長靴でのじゃぶじゃぶの水歩きはちょっと楽しかった。
後はランナーがやたらにたくさんいて、大集団で練習会らしきをしていたようだった。クロスポットもテニスコートあたりで店を出していた。スポーツ日和だった。自分は前の日まで二日連続で走ったのでこの日はラン休日とした。
5月1日、新横浜公園にて

C0149377

| | コメント (0)

2016.05.02

ヤマサナエ羽化@新治市民の森

C0148730

C0148870

  既にヤマサナエの羽化が始まっていることは分かっていたので、ポイントを探せば絶対に見つかると確信はしていたがやはり本当に見つかるまでは見つけられるか不安だった。最初に見つけたのはなんと垂直面での羽化途中個体だった。そして、もうすでに翅はほぼ伸びていた。毎年見ているのは水面ぎりぎりの場所での羽化がほとんどで垂直面での羽化を見たのは2度目。水量が多くて羽化に適した場所がなかったのだろう。帰りがけに再度寄ったらもちろんトンボは姿を消していたので羽化殻を持ち帰らせてもらった。
  2個体目はまだ背中が割れていなかった。こちらが例年通りで水面ぎりぎりに定位していた。2枚はむっくと起き上がったときのもの。干渉したくなかったので近くに寄るのは20分に一度、2~3枚だけさっと撮って即撤退した。神秘的な光景に目を奪われてじっと時間を過ごしたくなるのだが、我慢した。が結局は時間が無かったこともあり、最後まで見届けることはしなかった。ちょっともったいない気もしたが。
4月29日、新治市民の森にて

| | コメント (0)

2016.05.01

ハラビロトンボ成熟♂@新治市民の森

C0148835

C0148839

新治の湿地では早くもハラビロトンボが見られた。まだ未熟個体が多かったが、中には
真っ黒に熟した♂がいた。2枚めで頭部の青が少しだけ見えた。上から見ると腹広であることが良く分かる。写真では表現できないが、観察していると腹がひくひく動いて呼吸していることが分かる。ハラビロトンボ成熟♂。2枚は同一個体。
4月29日、新治市民の森にて

| | コメント (0)

2016.04.19

ニホンカワトンボ@新治市民の森

C0148278

R0117987

この日はいろいろと用事があり、新治ではほんの1時間ほどしか過ごせなかった。天気も予報ほど晴れず昆虫の出はあまりよくなかった。だがニホンカワトンボは先週よりもたくさん見られた。ほとんど羽化直後の個体で目がグレーだった。細長いトンボだが、飛ぶと翅が長く緩やかにはばたくため、結構大きく見える。
4月16日、新治市民の森にて

| | コメント (0)

より以前の記事一覧