2016.04.24

サンゴジュハムシ幼虫@鶴見川土手

R0118033

R0118034

まさかの幼虫三連ちゃんです(笑)。お嫌いな方申し訳ございません。

鶴見川の土手にあるガマズミの新葉は今年も無残に食い散らかされていた。サンゴジュハムシの仕業だ。このガマズミは毎年毎年こんなに食害されてもなんとか枯れずに生き延びている。健気なものである。サンゴジュハムシは絶妙なバランスを取って宿主を殺さない程度に依存していることになる。ガマズミがハムシによって何かの利益を得ているとは思えないのでこの関係は共生ではないと思う。ある意味、たちの悪い通行人に母屋を取られそうになっている状況のようにも見える。なお、成虫もガマズミを食害するが、その成虫の姿はこちら
4月16日、鶴見川土手にて

| | コメント (0)

2016.04.17

ウワミズザクラ開花@鶴見川

R0117933

 シドモア桜十九桜の盛りが過ぎ、まだ少し花が残っている13日の朝、ランをした。鶴見川の土手には花びらが散りばめられ、風流な気分で走ることができた。そして、ウワミズザクラが咲きはじめていた。例年だとサクラが終わってから咲いていたと思うのだが、今年は開花時期が少しかぶることとなった。
 それから変化の早いこの時期の気づきをもう一つ記しておくと、4月8日の夕方から急にクビキリギスが鳴きはじめた。かなり遠くから聞こえるジ~~~~~という強い声は間違えようがない。撮影は出来なかったが、こんな姿。成虫越冬なので温かくなって一斉に越冬明けしたものと思われる。
4月13日、鶴見川にて

| | コメント (0)

2016.04.14

フデリンドウ@新治市民の森

R0117752

新治では今シーズン、フデリンドウがあちこちで見られ、これまでになく数も多いように思う。鮮やかで美しい青い花は背は低いが可憐で素晴らしい。下はおまけのフジの花穂。まだ短いがこれからぐぐっと伸びて行くはず。
4月9日、新治市民の森にて

R0117705

| | コメント (0)

2016.04.02

不明幼虫@新治市民の森

R0117321

先週、新治で見つけた毛虫。ミツマタの花を食べていた。モンクロベニコケガ、クワゴマダラヒトリあたりが似ているように思うが、まったく自信無し。ミツマタの枝先などに卵あるいは蛹あたりで越冬していたのだろうか。
3月21日、新治市民の森にて

R0117314

| | コメント (0)

2016.03.21

セグロカモメ2個体@鶴見川

C0143680

C0143755

 そろそろ桜の開花のころになるとセグロカモメも頭部がだいぶ白くなってきた。この日は2個体を見ることができた。今回は翼が撮影出来なかったが、区別は出来る。2個体を見比べてみてほしい。
 さて、桜の開花シーズンだが、鴨居では一足先にが咲いた。鴨居人道橋から上流側にある8本の杏だ。通りがかる人々がほぼ皆立ち止まってスマホなどで撮影していく。人道橋下流側の十九桜も5枚以上咲いた木もあるが、全体には開花前夜。シドモア桜のはるきょん標準木は蕾が膨らんだがまだ咲いておらず開花前夜。3本先の桜は5枚以上咲いていたが。河津桜は花は終わった。春のシーズンの移り変わりのスピードは速い。
3月20日、鶴見川にて

C0143717

 

| | コメント (0)

2016.03.02

オオセグロカモメ@横浜港

数日前から検索フレーズランキングトップに「1センチ 丸くて平べったい 種 茶色」が表示されている。自分でも同じようなキーワードで検索すると思うのでにやっとしてしまった。もちろんフジの実と思われるが、我がブログでちゃんと見つけられたのかすごく気になる。この記事が良いだろうと思うのでリンクしておく。
※もしかするとこちらかもしれないのでこれも追記。キショウブの種。3/3

C0142047

C0142075

朝の山下公園でみられたカモメ類はセグロカモメ2羽とオオセグロカモメ1羽、それに沖合にユリカモメの群30羽ほどだけだった。オオセグロカモメは翼の短かさを感じた。翼の尖りぐらいがなくて丸い感じ。外側初列先端も太く丸い。尾羽先端からの突出が短い。初列P10は先端部がほぼ白。右翼P5には極小黒斑が見られる。翼・背は濃いグレーでセグロカモメとはだいぶ色調が異なる
2月27日、横浜港にて

C0142088

| | コメント (0)

2016.03.01

河津桜満開@鶴見川

C0142478

C0142495

 サクラの開花時期の認定基準(基準木で5輪)はよく知られており、これはかなりわかりやすい。満開については80%開いた状態らしいが、こちらは実際にはなかなか判断しにくいように思える。半分ほど咲いた状態でもだいたい満開と思えるからである。鶴見川の河津桜は一目見て満開だった。2月20日の時点で50%ぐらいに見えたので約一週間で満開になった計算になる。
 河津桜には例によってメジロが来ており、チーチーと甘い声を上げながら蜜を吸っていた。桜メジロをとろうとだいぶ粘ったのだが、桜に奥行きがあり、なかなかピントが合わないこととメジロの動きが早くて捉えられないことなどあって難儀。近づくと微妙に逆側に逃げるし、枝かぶりに花かぶり、この程度しか撮れなかった。
2月28日、鶴見川にて

C0142503

| | コメント (0)

2016.02.22

河津桜五分咲き@鶴見川

R0116434

R0116435

最近ご無沙汰の京急三浦海岸の河津桜はもう満開らしい。鶴見川第三京浜橋脚付近の河津桜はだいぶ前から咲きはじめていたのだが、20日時点で5分咲きぐらいだろうか。メジロやヒヨドリが吸蜜に訪れていた。下はホトケノザ。河津桜の根元にはオオイヌノフグリとともにたくさん咲いていて、いつの間にかそろそろ春も近いという雰囲気を感じた。
2月20日、鶴見川にて

R0116441

| | コメント (0)

2015.12.30

ナミテントウ越冬集団@四季の森公園

R0115864

 

四季の森公園アキアカネの終認をしに行ってきた。前回20日に見た池のほとりや、葦原や小川沿い、菖蒲園脇など時間をかけて相当念入りに探して回ったが、とうとう見つからなかった。20日に見たときはほんの20秒ほどで、写真も5枚ほど撮れただけなのだが、それも相当ラッキーだったのだろう。マユタテアカネやオオアオイトトンボなども意識していたが、なにも見つからず。というわけで20日が終認となった。
  昆虫類ではシャクガの小さく目立たない幼虫(いわゆるシャクトリムシ)が竹柵のあちこちで見られたが、あまりに小さく地味で撮影する気も起らず。カメムシ類も見つからず。というわけでナミテントウの越冬集団をみつけたのが唯一面白かった。建物の凹んだ隅にご覧のように数十頭が固まっていた。地の色が黒・橙色、星の数が2個・4個・10個ほど・18個ほどなどのタイプが混じっている。さらに星の形の違いや色違いのものなどいてバラエティに富む。これ全部ナミテントウと思われる。時間があれば以前やってみたように、遺伝子型の割合を推定してみたりするのも面白いのだが。
下はおまけのサンシュユの実。黄色のロウバイの花と色を競い合っているようだった。おまけもう1枚はハラビロカマキリ。竹柵にしがみついていてまだ生きていた。ちょっとびっくりだ。
12月26日、四季の森公園

C0134528

R0115856

| | コメント (4)

2015.12.22

アキアカネ@四季の森公園

C0133681

 最近あまりにも新横浜公園しか行ってないので、たまには四季の森公園に行ってみた。寒かったので人も少ない。快晴ながらも寒い冬景色だったためトンボは諦めた。しかし、11時を過ぎたころコナラの落ち葉で埋め尽くされた湿地でなにかがビュンと飛び上がりまた地面に戻った。こういう動きをする物体はトンボしかいないと直感し、双眼鏡で探したところアキアカネを発見した。まだ居たか。クリスマスはあと4日だが、生き延びてくれると嬉しい。とういことで四季の森公園で20日トンボ
 下はおまけのマンサクの蕾。濃いピンクの花弁がそろそろか?という感じでちらりと姿を見せていた。
12月20日、四季の森公園にて

R0115816

| | コメント (8)

より以前の記事一覧