2016.06.28

コシアキトンボ羽化殻@新横浜公園

R0122122

R0122121_2  新横浜公園の大池でコフキトンボが目立ち、時おりコシアキトンボがやって来ていた。また何度か上空をチョウトンボが舞うという感じだったが、天気のせいかあまり出てくれなかった。大池を周回しているはずのギンヤンマオオヤマトンボ、そしてどこかの止り木に止まっているはずのウチワヤンマなどを探してみたがまったく見つからなかった。
 で見つけたのが羽化殻。トンボ科のものだ。側棘は第8第9節、背棘は第4節以降にある。全体に暗色で腹部が幅広くコシアキトンボ羽化殻
6月21日、新横浜公園にて

| | コメント (0)

2016.06.27

コフキトンボ♀@新横浜公園

C0158748

新横浜公園で一番多く見られたのはこのコフキトンボだった。ガマの穂に止まっていて、そっと近づくとふっと飛んで逃げる。微妙に神経質。なかなか近づき方が難しく勘が戻らない。上はコフキトンボ♀。帯型ではなく♂型♀とも言うようだ。胸部の黒い模様が独特。尾毛が短く下に曲がるのも特徴で分かりやすい。
6月21日、新横浜公園にて

| | コメント (4)

2016.06.25

ツチイナゴ

R0121894

実家の庭ではコクワの他にはオニヤンマ、オオシオカラトンボ、ヤマトタマムシ、アシナガバチの仲間、その他見られたが観察器具無しのためちゃんとは観察も撮影も出来なかった。ただオニヤンマは手捕りしたのにデジカメ不携帯で残念。庭を歩くたびに飛んでいたのがこのツチイナゴ。なかなか巨大である。蚊が多いのに、虫よけがなかったため落ち着いていられなかった。
下はおまけのカレハガ終齢幼虫。再発見することができた。下の頭部近くに黒斑があり目立つ。同じ場所に居たので前回と同一個体と思われる。それにしても福岡は蒸し暑かった。
6月18日、福岡県にて

R0121879

| | コメント (0)

2016.06.24

コクワガタ♂@福岡

R0121887

R0121886_2

 福岡の実家で庭作業をした。長靴をはき、作業着姿で、草むしりや枝の剪定、雑木の抜倒、落葉の掃除などを汗びっしょりになりながら襲いかかる蚊に刺されながらがまんして作業した。オオシオカラトンボタマムシツチガエルなどちらちら見ながら。そしてクワガタが出たのでポケットからデジカメを取り出して撮影した。こういう形のクワガタはまことに苦手だ。
 触角の第一節が長く、第二節で直角に曲がる。小楯板の縦横比がほぼ同じ。前胸背板に凹みがない。中脚、後脚の脛節外側の棘は1本。前胸腹板の前脚基節間の盛り上がりが尖らない。大顎の内歯はごく目立たずほぼ中央にある。前翅(翅鞘あるいは甲)にはツヤはなく細かい点刻がある。以上の特徴からコクワガタの中型♂ではないかと思う。見る人が見れば一目で分かるはずだが、自分にはわからないのでものの本に従い識別点を並べると上のようになるのだろう。ちなみにコクワのバックはイボつき軍手(笑)。
 さて、何箇所も蚊に刺されたが、2時間後にはまったく痒みはなくなっていた。どういう仕組みなのか不明だが。念のために液体ムヒを塗っておいた。
6月18日、福岡県にて

| | コメント (0)

2016.06.23

シロホソスジナミシャク

R0121764

福岡の実家の雨戸の戸袋はどういうわけか越冬昆虫に人気があり、カメムシなどよく見つかる。上はその戸袋にいた蛾。非常に特徴的な模様があるので簡単に和名はわかると思っていたが、シャクガ科はとにかく数が多いので、時間がかかった。シロホソスジナミシャク祝!初見。右翅が破損しているのがちょっと残念。
6月12日、福岡県にて

| | コメント (0)

2016.06.20

コイチャコガネ

R0121703

福岡の実家は蒸し暑かった。夜、網戸に昆虫がぶんぶん飛んできてバンと当たる音が何度もする。そっと覗いてみたところ、コガネムシっぽかったので、そっと手を伸ばして捕獲し、撮影してみた。まだ頭部に土がついているので羽化したてなのかもしれない。コイチャコガネと思われる。
6月9日、福岡県にて

| | コメント (0)

2016.06.19

カレハガ終齢幼虫

R0121739福岡の実家の庭シリーズ。しだれ梅を愛でていて見つけたのがこれ。結構大きくてちょっとビビる。マツカレハに似ているのでカレハガの仲間だろうと予想して調べたところ、カレハガ終齢幼虫と思われる。翌日再度探したがどうしても見つからず。いた枝をさかのぼってとなりの枝なども探したが結局見つからなかった。もしかすると蛹化していて目立たなかったのかもしれない。
6月11日、福岡県にて

| | コメント (0)

2016.06.18

ヒョウタンナガカメムシ@四季の森公園

R0120948

四季の森公園で見つけたこの昆虫。最初カメムシの仲間とは思わなかった。前胸部、前脚腿節のぷっくりふくらんだ姿は妙にロボットっぽい。触角は5節か。
翅の模様からカスミカメかもしれないと思い、図鑑でいろいろと調べたたころナガカメムシの仲間らしいと分かった。さらに調べて特徴からヒョウタンナガカメムシと判明。祝!初見。
5月29日、四季の森公園にて

| | コメント (0)

2016.06.17

ヒメキベリトゲハムシ@四季の森公園

R0121075

ちょっと前の記録だが、四季の森公園で見たトゲハムシ。翅鞘回りの棘の数と大きさ、頭部、前胸部の棘の本数などからヒメキベリトゲハムシと思われる。後ろにある丸いのが食痕と思われる。姿もだが食痕も特徴的だ。
5月29日、四季の森公園にて

| | コメント (0)

2016.06.16

ヨツボシホソバ♂@新治市民の森

R0121534

胸部頭部が鮮やかなオレンジ色、他はグレーでとても綺麗な色をしている。これが蛾とは思えず、あーでもないこーでもないと調べ回ったが、結局は蛾と分かり驚いた。ヨツボシホソバ♂。♀は翅までオレンジ色で黒点がよっつあるらしくそれが和名の由来。♂だけ見るとヨツボシはないので和名は不適切に思える。
下はおまけで不明蛾。非常に特徴的な模様をしているので判明するかと思ったがいまだに不明。
6月5日、新治市民の森にて

R0121518

| | コメント (4)

より以前の記事一覧